オナニー動画 オナニー大好き オナニー盗撮 熟女オナニー オナニー無料動画 催眠オナニー オナニー画像 女性 オナニー 角オナニー 盗撮オナニー 「こんにちは!おじゃまします」僕、高木湊人は、今日も一番仲のいい友達、遥樹の家を訪ねていた。僕がこの家に来る理由は、仲良しの友達がいて、僕のうちより広くてきれいだから、というだけじゃない。「あら、いらっしゃい、湊人くん。遥樹、部屋で待ってるわよ」遥樹のママ――梨紗さんに会えるからだ。『幼なじみのきれいなママ』に対する気持ちは、特別だ。いつからか、隠れて梨紗さんの下着を持ち帰り、『オカズ』として使うようになっていた僕。今日も『三回目の犯行』を行おうと寝室へ忍び込んだけど・・・。背中でドアの開く音が聞こえ振り向くと、そこに立っていたのは・・・・・・梨紗さんだった。「最近、湊人くんが来た後で、下着がなくなってることが二回あったの。だから、怪しいと思って……まさか、本当にあなただったなんて……」友達の家で下着泥棒してたなんて親には知られたくなかった僕は、必死に謝った。――だけど梨紗さんは、ひどくは怒っていなかった。「黙っておいてあげる代わりに……」いたずらっぽく微笑んで、僕の耳元でささやくように言った。「私の下着を使って、どんな風にオナニーしてるのか、やって見せて?」