――あの黒猫のNOID(ノイド)はいつも店の商品を盗んでいきやがる。悩んだ店主は一つの策を思いつく。「よし、罠にかけてやろう」今までの被害額を、あの○さな体で支払ってもらうことにしよう。店主はにやりと、いやらしい笑みを浮かべた。・16ページ+表紙・局部修正はサンプル通りの白抜きです。NOIDと呼ばれる人工生物が暮らす「構造都市」の世界観をお楽しみください。