エロ拷問漫画 性拷問漫画 快楽拷問漫画 鬼畜拷問漫画 拘束拷問漫画 このCG集は続きものです。体が女になってしまった男が、娼館で娼婦としてカネを稼いで、男の体に戻ろうとするが、女の体の快感に負け、屈服する物語です。◆あらすじ◆シーン1「性の目覚め」前回、女の体で初めてセックスを体験してから、体の感覚がおかしい。指で軽く触れるだけで、ゾクゾクとした快感が体を流れる。一度始めてしまったオナニーは、絶頂するまで指を止めることが出来ない。イッても欲情が止まることはなく、俺はこの日、自分で男に跨がり、腰を振り続けた。シーン2「脱走」このまま娼館に居ると、本当に自分が自分で無くなってしまうという恐怖で、俺は脱走を決意する。カネは別の方法で集めりゃいい。だが、この館で働く女の体には、脱走防止用のプログラムが書き込まれていた。シーン3「懲罰」脱走に失敗した俺は、館から重い罰を受ける事になる。脳と体の神経を書き換え、同時に快感信号を与え続ける拷問。その快感地獄に、俺は泣き叫び、許しを請うことしか出来なかった。シーン4「仕上げ」改造した俺の体の仕上がり具合を確認するため、館の人間に犯●れる。男の脳に、何杯も増幅された女のあらゆる快感が流し込まれる。快感の釘が脳に突き刺さるような、認知不可能の絶頂。精神と肉体の完全な屈服。シーン5「終わり」心の表層では、反抗の思いを捨てていないフリをしているが、体も脳も、心の奥底でも、あらゆる意味で、自分がもう元に戻れないことを本能的に認識していた。