原稿に煮詰まった刑部姫は、清姫に(半ば強引に)促されるまま、息抜きがてらナイトプールに出かける。場違いだと自覚しつつも、男性達に声をかけられつい調子に乗ってしまうが──